So-net無料ブログ作成
検索選択
スマステーション ブログトップ

1日500個以上売れる大人気めちゃ売れパンセレクション スマステーション [スマステーション]



いまや全国各地で個性際立つパンが大盛況で、これまでにもいろいろな番組で隠れた名店が紹介されています。

今回は、香取慎吾さんとゲストの藤木直人さんが「1日に500個以上売れてしまうパン」を見つけ出して、その美味しさの秘密に迫りました。

●「神楽坂亀井堂」(神楽坂)
店内にはパンとともに人形焼なども並んでいるという創業123年の和菓子店です。
この店のメチャ売れパンは、トロトロプルンプルンのクリームがたっぷりと入った「クリームパン」で、なんと1日516個も売れる人気なんだそうです。

「神楽坂亀井堂」の食べログ

●「ペニーレイン 那須店」(栃木・那須町)
「ペニーレイン」という店名は、「ビートルズ」好きのお店のご主人がシングル曲のタイトルをとって名付けたそうです。
ほかにも「リンゴスター」というパイや、「HELP!!」という辛いソーセージパンなども売られています。
こちらのめちゃ売れパンは「ブルーベリーブレッド」で、1日に773本も売り上げる人気だそうです

「ペニーレイン 那須店」の食べログ

●「パン焼き小屋 ツオップ」(千葉・松戸)
コンセプトが「必ずお気に入りのパンが見つかる」というお店で、1日で300種類のパンを入れ替わりで販売しており、めちゃ売れパンは手作りのカレーをつめこんだ「カレーパン」で、1日に530個をの売上げる。
もっとガッツリ食べたいという人には「カツカレーパン」というのも用意されています。

●「ポンパドウル三芳店」(関越自動車道・パサール三芳)
こちらは関越自動車道のPAにあるパン屋さんで、チーズバタールやジャンボレーズンなどのフランスパンが看板商品なんですが、こちらのめちゃ売れパンは、中にあんことバターが入った「三芳酒種あんぱん(あんバター)」で、1日に698個をの売上げる。

「ポンパドウル三芳店」の食べログ

●「スペイン石窯工房パン・メゾン 松前店」(愛媛・松前町)
石窯で焼き上げるパンが人気で、クリームパンやちぎりぱんなど様々なパンを販売していますが、こちらのめちゃ売れパンはパリッ・カリッ・モッチリという3つの食感が堪能できる「塩パン」で、1日に5500個も売り上げるといいます。

「パン・メゾン」の食べログ

●「カルヴァ」(神奈川・大船)
カレーパンやあんぱん、揚げパンなど、お馴染みのパンだけでなく美しいケーキも扱っていて、めちゃ売れパンの「ロンロン」は、しっとり感が画期的な焼きドーナツで、1日712個をの売上るそうです。

「カルヴァ」の食べログ

●「パン工房カワ 岩出店」(和歌山・岩出)
しっとりとした食感のパンが特徴のお店で、表面までフワフワのメロンパンやカボチャのパンなどがあるが、めちゃ売れパンは「生クリームサンド」で、1日の売上げは968個です。

「パン工房カワ 岩出店」の食べログ

●「石釜パン工房パンセ 松島店」(宮城・松島町)
宮城県内で9店舗を展開する人気ベーカリーで、松島店で扱っているのは「ずんだメロンパン」と、めちゃ売れパンの「牡蠣カレーパン」の2種類だけなんだそうですが、「牡蠣カレーパン」の1日の売上げは537個です。

「石釜パン工房パンセ 松島店」の食べログ

●「たま木亭」(京都・宇治)

こちらは生地からバターがあふれる硬焼きバターや山栗ショコラなど、個性があふれるパンが揃うこの店のめちゃ売れパンは、1日に520個を売り上げるという「ベーコンハース」。

「たま木亭」の食べログ

●「GONTRAN CHERRIER TOKYO」(東京・新宿)
こちらはパンの貴公子と呼ばれるゴントラン・シェリエ氏が手がけるお店で、定番のバケットからキッシュなど様々な種類の創作パンが並んでいますが、このお店のめちゃ売れパンは「クロワッサン」で、1日の売上げはなんと1031個だそうだ。

「GONTRAN CHERRIER TOKYO」の食べログ

●「しらす問屋とびっちょ 参道店」(神奈川・江の島)
こちらは休日には生しらす丼などを求めて2時間待ちとなるお店なんだそうですが、めちゃ売れパンはお土産コーナーで販売してる「しらすパン」で、1日570セットを販売するそうな。

「しらす問屋とびっちょ 参道店」の食べログ

●「吉沢製パン」(栃木・宇都宮)
こちらは100%のエビカツパンなど、どこか懐かしいパンを売っているお店で、人気のめちゃ売れパンの「食パン」は、そのまま食べてもカリッとしている耳が特徴で、1日に540斤を売り上げるそうです。

「吉沢製パン」の食べログ

●「シロヤベーカリー 小倉店」(福岡・北九州)
創業約60年の地元ではお馴染みのお店で「子供でも小銭で買える安くて美味しいパン」をモットーとしているパン屋さんで、ケーキコーナーのオムレットは35円となっていました。
こちらのめちゃ売れパンは、フランスパンの生地に練乳をたっぷりと入れた「サニーパン」で、1日になんと3500個も売上げるそうです。

「シロヤベーカリー 小倉店」の食べログ



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この秋行きたい格安バスツアーベストセレクション スマステーション [スマステーション]



香取慎吾さんが、ゲストの天野ひろゆきさんとウド鈴木さんの二人とともに、この秋行きたい格安バスツアーを紹介していました。

暑くもなく寒くもなく、季節はすっかり秋ですね。

そんな秋をリーズナブルな価格で満喫できる格安ツアーで心も体もリフレッシュするのもいいですね♪

◎ 【秋の味覚を食べ放題!秋の収穫祭ツアー (エイチ・アイ・エス)】

新潟・南魚沼市の「川永農園」で、お米すくいを体験、その後の昼食は「魚野の里」で、紅ズワイガニや甘エビなどを食べ放題で楽しむ。

その後、群馬・沼田市の「吹割の滝」の滝を見物し、さらにその後はリンゴ狩りをして秋の味覚を堪能。

●1人で車で行った場合⇒13930円(番組調べ)
●ツアー料金⇒6980円

◎ 【新日本三景・三保の松原 寿司&メロン W食べ放題ツアー(オリオンツアー)】

静岡・島田市でSLに乗り換えて大井川鐵道を約30分間の列車旅を楽しみ、昼食は「石原マリンステーション」で、焼津港で水揚げされたばかりの、新鮮な魚介類を使ったお寿司の食べ放題です。

その後、「日本平パークセンター」でメロンなどの果物の食べ放題でデザートを満喫すると、最後のお楽しみは、富士山を臨みながら「三保の松原」を散策し、おみやげ店「一ふじ」でおもちとお茶を楽しむ。

●1人で車で行った場合⇒16230円(番組調べ)
●ツアー料金⇒7980円

◎ 【日本三景・天橋立&古都・京都 欲張りお得ツアー(四季の旅)】

東京駅をスタートし、最初の目的地天橋立を散策、与謝野寛・晶子夫妻の歌碑や天橋立の絶景スポットである「笠松公園」などを堪能し、昼食は「つるや食堂」で、名物「金樽いわし丼定食」を食す。

続いて京都を自由散策し、「錦市場」での「黄味餡ぱん」の買い食い、また、「清水寺」、縁結びの神様がいるという「地主神社」などの見学、さらには「本家西尾八ッ橋」の「八ツ橋クレープ」などといった定番の散策コース。

自由散策を終えたら、おごと温泉「あがりゃんせ」の温泉で疲れを落とします。

●1人で車で行った場合⇒33000円(番組調べ)
●ツアー料金⇒11000円

◎ 【伊勢神宮参拝と伊勢湾クルーズ2日間!(エイチ・アイ・エス)】

伊勢神宮参拝と伊勢湾クルーズが楽しめるツアーで、一日目の最初のスポットは、今年、式年遷宮が行われる「伊勢神宮」の外宮を訪れたあと、パワースポットと言われる「夫婦岩」の見学、その後、宿泊するホテル「セレクトグランド伊勢志摩」のビュッフェで夕食を楽しむ。

二日目は「伊勢神宮」の内宮で参拝を終えたら、「おはらい町通り」を自由散策し、「奥野屋」の「伊勢うどんミニてこね寿司セット」や、若松屋の「揚げはんぺん」などを楽しむ。
帰りはバスに乗ったまま、フェリーで伊勢湾クルーズを堪能しながらの帰京です。

●1人で車で行った場合⇒32350円(番組調べ)
●ツアー料金⇒14980円

◎ 【朝食に昼食、おやつ付き!秋の房総グルメてんこ盛りツアー(エイチ・アイ・エス)】

最初のスポットは、千葉・南房総の「炭工房真里谷城命泉」で、朝食の卵かけごはん御膳を楽しんだ後は、サツマイモ堀りを体験し、蒸したてのサツマイモを試食。

昼食会場「富津・かん七」で、伊勢エビ姿造り&房総地魚寿司し、海苔工場「影丸」でスサビノリを堪能、「小泉酒造」で地酒の試飲し放題を満喫(笑)

そして最後は、「お百姓市場」でのサンマのつかみ取りで、つかみ取ったサンマはおみやげにしたり、その場で焼いて食べることができます。

●1人で車で行った場合⇒17700円(番組調べ)
●ツアー料金⇒7980円

◎ 【目と舌で秋を楽しむ 最旬ツアー(エイチ・アイ・エス)】

最初のスポットは標高2305mの富士山五合目で、雲の上の大パノラマを堪能した後は、「あまの屋」の「富士山めろんぱん」を楽しむ。

昼食は「ミートザミート 石和店」のお寿司で、ここでは焼き肉を載せた寿司なども楽しむことができる。

その後、ぶどう園「一古園」で、ピオーネなど高級ブドウの食べ比べ、さらに、畑での野菜の収穫に挑戦。

●1人で車で行った場合⇒15334円(番組調べ)
●ツアー料金⇒7980円



nice!(0) 
共通テーマ:旅行

旅に行ったら絶対買いたい空港のお土産ランキング SmaSTATION!! [スマステーション]



異常気象ともいえる今年の夏でしたが、なんと国内旅行者の数は過去最高を記録したそうです。

そんな中で盛り上がっているのが、観光各地の空港のお土産売り場ですね。

テレビ朝日の「SmaSTATION!!」では、空港のお土産に詳しい旅行ガイドや旅行ジャーナリストらなどにアンケートによるお土産ランキングが発表されていましたのでご紹介します。

【新石垣空港 お土産ランキング第3位】

新石垣空港のお土産第3位は、2011年に発売されてから、売り切れ続出の人気商品で地元の人気レストラン『美味食彩 花』の原田和幸シェフが1人で手作りしているという「ぬれちんすこう」。黒蜜をかけて食べるのが特徴だそうです。

【新石垣空港 お土産ランキング第2位】

新石垣空港のお土産第2位は、沖縄定番の肉味噌だけど食材にこだわり、大きな豚肉がごろごろ入っているのが特徴の「島豚ごろごろ」でした。

【新石垣空港 お土産ランキング第1位】

新石垣空港のお土産第1位は、石垣島産の沖夢紫という品種の紅イモを使用している「沖夢紫ロールモンブラン」。

これは、空港内にしかないお菓子専門店で販売しているケーキですので、まさに激レアものです(笑)


【新千歳空港 お土産ランキング第3位】

新千歳空港のお土産第3位は、CalbeeとスープカレーのYOSHIMIが共同開発した「ジャガJ」。

たかがチップスと侮るなかれ、昨年12月の発売以来、なんと30万箱以上売り上げた大ヒット土産ですぞ。

【新千歳空港 お土産ランキング第2位】

新千歳空港のお土産第2位は、美瑛選果と有名ベーカリーVIRONが共同開発した「びえいのコーンパン」。

キャビンアテンダントの間で評判となり、一気に人気になったコーンがたっぷり詰まったパンです。

【新千歳空港 お土産ランキング第1位】

新千歳空港のお土産、堂々の第1位は「おもっちーず」。

日本のチーズケーキをコンセプトに作られた商品ですが、餅粉を使用しているので弾力のあるモッチモチの食感が特徴です。


【福岡空港 お土産ランキング第3位】

福岡空港のお土産第3位は、液体のゆずこしょうで大ブレークした「ゆずすこ」が、なんと海苔の佃煮と合体した商品の「のりクロ」。

「のりクロ」は、ごはんだけに限らずパンにも合うので、ぜひお試しあれ(笑)

【福岡空港 お土産ランキング第2位】

福岡空港のお土産第2位は、「クロワッサン」。

クロワッサン専門店の『三日月屋』で販売しているクロワッサンで、福岡空港店で焼き上げるこだわりと、12種類の味のバリエーションが人気の秘密だとか。

福岡空港のお土産第1位は、冷蔵庫でキンキンに冷やして冷たいまま食べる、鶏手羽元のから揚げ「華からっと」。

通常から揚げといえば、アツアツの揚げたてを食べるのが普通ですが、こちらは冷たいまま食べるように作られているのが特徴です。


【関西国際空港 お土産ランキング第3位】

関西国際空港のお土産第3位は、ふわふわとろとろのカステラ「大阪半熟カステロふわんとろん」。

その商品名のとおり、新鮮な卵を使ったトロットロの半熟感が特徴のカステラです。

【関西国際空港 お土産ランキング第2位】

関西国際空港のお土産第2位は、パティスリーブラザーズの「ベジフルチョコレートプラス」。

こちらは10種類の素揚げした野菜やフルーツに、ホワイトチョコレートをコーティングした商品です。

【関西国際空港 お土産ランキング第1位】

関西国際空港のお土産第1位は、たこ焼きスイーツの「たこパティエ」。

世界洋菓子コンクールで優勝した経験もあるパティシエ牧野眞一が作り上げたお菓子で、昨年10月の発売以来70万箱を売り上げたそうです。


【中部国際空港 お土産ランキング第3位】

中部国際空港のお土産第3位は、八丁味噌を使った「味噌かすてら」。

こちらは、1854年創業の老舗菓子店『美濃忠』さんが、中部国際空港限定で開発したカステラです。

【中部国際空港 お土産ランキング第2位】

中部国際空港のお土産第2位は、「小倉トーストラングドシャ」。

名古屋といえばモーニング(笑)ですが、そのモーニングメニューの定番の小倉トーストの味を再現したクッキーです。

【中部国際空港 お土産ランキング第1位】

中部国際空港のお土産第1位は、家庭で手軽に名古屋めしを楽しめる「東海味めぐり」。

鰻・名古屋コーチン飯・松坂牛すき焼き飯の3つの味がセットになっています。


【羽田空港 お土産ランキング第3位】

羽田空港のお土産第3位は、羽田空港限定のお菓子「焼きガトーショコラ・ラスク」。

こちらは世田谷にある洋菓子店「ラ・テール」のガトーショコラをラスクに仕上げた商品で、濃厚なチョコレートと北海道産発酵バターを使っているのが特徴です。

【羽田空港 お土産ランキング第2位】

羽田空港のお土産第2位は、「豆乳クリームのあんみつ大福」。

一見普通の豆大福ですけど、中に豆乳クリームと黒蜜あんと寒天が入っている大福です。

【羽田空港 お土産ランキング第1位】

羽田空港のお土産第1位は「カスタードプリンロール」で、パステルデザート羽田空港店で販売されている商品です。

その名の通り中にプリンをまいたロールケーキだ(笑)

nice!(0) 
共通テーマ:旅行
スマステーション ブログトップ