So-net無料ブログ作成
検索選択
健康カプセル ブログトップ

健康カプセルで紹介されたエイリアン脂肪を撃退する方法 [健康カプセル]


今朝(2016.3.20)の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは、エイリアン脂肪でした。

いま、謎の心臓病が増えているといい、その原因は冠動脈に毒素を送り込むエイリアン脂肪というもので、自覚症状もないままに心臓にはびこる事があるそうです。

エイリアン脂肪は本来、人の体内にはないものだから身体が異物だと判断し、マクロファージが毒素をだして溶かそうとし、その毒素が冠動脈に流れ込むことで炎症を起こして動脈硬化がすすむということだった。

《エイリアン脂肪を撃退する方法》

エイリアン脂肪を撃退する方法は、1食は炭水化物を抜いてジュースに置き換える事。炭水化物を抜くには朝食の方が楽なので、朝にジュースを飲んだ方がいいようです。最後に秘密兵器のアマニ油を入れるのがミソ。

次に手軽に有酸素運動ができるゾンビ体操が紹介されました。ゾンビ体操とは、両腕の力を抜いた状態でその場で足踏みを1分、次にその場でジョギングを1分。これを1日3セットするだけで30分の有酸素運動をしたのと一緒になるそうですよ♪


nice!(0) 
共通テーマ:健康

健康カプセルで紹介された軽度認知障害とは? [健康カプセル]



今朝(2016.3.13)の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは、認知症の一歩手前の状態だという「軽度認知障害」でした。

認知症患者が約460万人、軽度認知障害の人たちも推定で400万人はいるといわれているそうです。

ただ、この軽度認知障害は回復が可能だそうで、何事も早期発見が鍵のようです。

《危険な物忘れ》

1.最近の出来事や直近の予定などを覚えていない。
記憶というのは覚える、貯める、取り出すの3つのプロセスからなっているが、覚えることに問題がある場合はアルツハイマー型認知症の症状なのだそうだ。このような物忘れが頻発する場合は受診するのが良い。

2.物盗られ妄想。
物盗られ妄想は認知症の代表的な初期症状である。


《脳を若返らせる方法》

軽度認知障害を治すには、脳の認知予備力を高めることが重要であり、人とのコミュニケーションは認知予備力を高め、また計算問題、クロスワードパズル、将棋などがいいそうで、さらに対戦相手がいる方が効果が高いそうです。

とにかく、人とコミュニケーションをとる事を心がけることが認知症にならないポイントのようです♪

nice!(0) 
共通テーマ:健康

健康カプセル 冬に深刻化する体臭 ニオイの原因とは? [健康カプセル]



今朝の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは、冬に深刻化するムレ臭・乾燥口臭・加齢臭などの「ニオイ」トラブル。

普通に考えると、大量に汗をかく夏のほうが体臭が強くなるように感じますが、意外なことに冬の方が体臭が強くなるそうです。

どうして冬が夏より臭うのか。

《ムレ臭》

街でブーツを履いた人のブーツの臭いを調査すると、3年間ブーツを履き続けているという女性のブーツからはひどいニオイが…。

この臭い発生のメカニズムは、汗に含まれるタンパク質・脂質を細菌が分解するのが原因で、足の角質などが分解され「イソ吉草酸」が発声するのも原因だという。

足以外にも重ね着することで体臭が強くなるそうで、冬にかく汗の特異性も原因の一つだそうです。

ホットヨガスタジオで4人の被験者に汗をかいてもらって成分を採取すると、「ナトリウム、クロール」などミネラルの濃度が高くなって体臭の原因となりやすいそうです。

ただ、これは普段あまり運動をしない人の場合で、運動習慣のある人はあまり影響は受けないそうです。

ブーツの臭いを軽減するには、使い終わったブーツに乾燥剤や使用済みカイロを入れるとよいそうです。

《口臭》
続いて冬に注意が必要なのが、緊張や乾燥などが原因の口臭だということで、えとう窓口さんら被験者3人が、子ども用ジェットコースター・バンジージャンプなどに挑戦した後で機械で測定すると測定値が増加、臭気判定士の判定でも悪臭が強まった。

「リゾチーム」を含むだ液が、緊張や乾燥で減少して細菌が増加、悪臭の原因になるそうで、ほおの運動でだ液の分泌を促すとよいそうです。

《加齢臭》
油粘土のような臭いの「加齢臭」ですが、普段臭いを感じている人には悪臭には感じないそうです。

耳や首の後ろから発生しやすく、その原因物質は「ノネナール」、皮脂腺で「パルミトレイン酸、過酸化脂質」が反応してでき、加齢によって増えるだけでなく、高カロリーの食事やアルコールを摂ることでも増えるそうです。

これからの忘年会や新年会といった宴会の飲食には気をつけなければいけないようですね(笑)

30代・40代の男性には「ミドル脂臭」というものも発生しやすそうで、原因の悪臭成分は「ジアセチル」というものらしい。

対策としては、緑黄色野菜や赤ワイン、緑茶のカテキンなどで抗酸化物質を摂るのが効果的だそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:美容

健康カプセル サルコペニア肥満 吉川メソッド [健康カプセル]



今朝の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは、新時代の肥満といわれる「サルコペニア肥満」でした。

筋力の低下と肥満が結びつくと寝たきりや生活習慣病、心筋梗塞、脳卒中まで引き起こす恐ろしい肥満に生まれ変わりるそうです。

サルコペニア肥満とは、老化や運動不足に伴う筋力の低下が起きているうえに、栄養過多などの原因による脂肪増加の状態のことをいうそうです。

さて、日本人にサルコペニア肥満は多いのかということで、街で30秒間で上体起こしが何回できるかを調査すると、上体起こしの回数は減少し、体重は増加したと答える人が多数でした。

なんと、70代ではおよそ30%の人がサルコペニア肥満に該当するそうです。

《 サルコペニア肥満になると体はどのような状態になるのか? 》
サルコペニア肥満に近づけるために体におもりをつけて実験すると、まず左右のバランスが取りづらくなる、足があがらない、指の筋力が低下して指先がおもうように動かせないなどの状態になる。

《 加齢によってどのくらいの筋肉がなくなるのか? 》
筋肉量は30代がピークで、その後加齢とともに落ち続け、男性の場合30代と70代では約7kgの差がでるそうです。

《 筋肉量が減るとなぜ肥満になるのか? 》
生命活動を維持するために必要なエネルギーである基礎代謝の約40%を筋肉が使っており、その筋肉が減ると知らずしらずに太ってしまうそうで、運動をせず食事量を変えないと、加齢とともにサルコペニア肥満まっしぐらになってしまうのだそうだ。

《 90歳からでも筋力アップ 》
高齢者でも、それぞれのレベルに合わせてやれば、90歳代からでも筋肉は回復するそうで、大腿骨を2回骨折した女性も寝たきりにならず無事回復した例もあるそうです。

《 自宅でできるサルコペニア肥満チェック 》
1.両手を胸の前でクロスさせて片足で椅子から立ち上がる。立ち上がれない場合や手が胸から離れてしまう場合はアウト。
2.足をまっすぐ上げ、足を両手の間に入れるようにして片足で靴下をはく。はけないと場合はアウト。
3.腰に手を当てて足を10cm程度上げて60秒間片足立ち。できない場合はアウト。


東京都港区の「吉川メソッド」は、短期間で理想の身体を手に入れるための筋トレ法を指導しており、プライベートレッスンのため月謝は最高80万円なんだそうです


⇒吉川メソッドの公式ホームページへ

「吉川メソッド」のトレーニングは筋繊維を破壊することで、破壊された筋繊維が再生するときにより強い筋肉に生まれ変わるために筋肉が発達するのを目的としているとの事でした。

「吉川メソッド」では、トレーニング中は徹底した食事制限を行うそうで、たんぱく質8割、脂肪2割が吉川式食事の黄金比だという。

たんぱく質は体内で作れないので食事で摂る必要があるけれど、糖質は体内で作ることができるため、ダイエットをしたいなら控えるほうが効果的だということでした。

《 サルコペニア肥満を防ぐ 三位一体のダイエット 》
1.有酸素運動は、10分のウォーキングを3回の合計30分で良い。
2.食事は、肉・魚を控えずにしっかり摂ることが大事で、筋トレ後30分以内にたんぱく質を摂るとより効果的だそうです。
3.椅子に座ってゆっくりと足をけりあげたり、椅子に座りながらスクワットをするのも効果的で10回を目安に1日3セット行う。
※サルコペニア肥満を防ぐ三位一体のダイエットとは、有酸素運動、筋力トレーニング、バランスのとれた食生活の3つをいう。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

健康カプセル!ゲンキの時間 歯周病が体全体に与える影響 [健康カプセル]

今回の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは「歯のトラブル」でしたが、そのなかでもいちばん気になる「歯周病」が体全体に与える影響を紹介していました。

冒頭の出演者のトークでは、三宅裕司さん、渡辺満里奈さん、英玲奈さんの3人とも、歯は丈夫だといい、過去にも番組で「歯周病」の臭いを紹介したこともあることを紹介、また厚生労働省などが推進する「8020運動」を紹介しました。

「8020運動」とは、80歳になっても20本以上は自分の歯を保とうというものです。

取材を行う深沢邦之さんとチャレンジャーの2人は、東京都中央区「馬見塚デンタルクリニック」で早速お口の中をチェックすると、歯医者には行かないという3人からはそれぞれに歯周病が見つかった。

歯周病の原因は、歯にたまった歯垢(プラーク)なんだそうです。

ということは、歯垢(プラーク)を完全に除去すれば歯周病は防げるということで、歯垢(プラーク)の撃退に有効なブラッシングが紹介されました。

【歯周病の予防と治療に効果的なブラッシング】
ポイントは歯と歯ぐきの間の歯垢を取り去り、同時に歯ぐきをマッサージをすること。
柔らかめの歯ブラシを歯と歯ぐきの間に45度の角度で当て、毛先を歯と歯ぐきの間に入れるような感じで細かく歯ブラシを動かして磨きます。
硬めの歯ブラシは歯ぐきをいためるので避けたほうが無難です。
また力を入れすぎるのも歯ぐきをいためるので注意しましょう。

まあた、歯垢(プラーク)の撃退には「だ液」が有効な役割を果たすといい、実際に歯周病が進行しているチャレンジャーはその「だ液」の量が少なかった。

「だ液」は口内のpH調整の役割も果たしているそうです。

その後、健康な歯を維持しているという高齢者を取材すると、色のきれいな食材を食事に摂り入れているといい、「だ液」の量を増やす役割の酢の物は欠かさないということでした。

さらに糖分・塩分を控え目にしてよく噛みながらゆっくりと食事をし、食後のブラッシングは絶対に欠かさないといったポイントが紹介されました。

「だ液」には2種類あるそうで、歯周病予防に有効なのは上あごからでる粘度の少ない「だ液」で、酢の物の摂取などで分泌が促進されるそうです。

歯の健康は全身にも影響を及ぼすといい、アメリカの歯周病予防キャンペーンの標語は歯磨きが命に直結するという意味の「FLOSS or DIE」だと紹介。

糖尿病と歯周病の関連について取材すると、歯周病が進行するとインスリンの働きが下がり糖尿病が悪化するといった関係があるということが分かりました。

これは、糖尿病になると免疫力が低下し、歯周病にかかりやすくなるといった関連性もあるということです。

また、動脈硬化・心筋梗塞などとも関係があるそうです。

さらに歯周病患者は、「だ液」の中にたくさんの細菌が増殖しているため、その「だ液」が肺に入って発症する「誤嚥性肺炎」のリスクも高まるそうです。

たかが歯周病と侮るなかれ。

歯磨きは重要ですね(笑)


nice!(0) 
共通テーマ:健康

こむら返り 危険な足つりの見分け方と足がつったときの対処法 健康カプセル [健康カプセル]



今日の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは、痛みは大病のシグナルということで、痛みの陰に潜んでいる意外な病気に注意が必要だということでした。

痛みの原因を見極めないと大変なことになるとして、今回は足の痛みについて足のつりの原因とメカニズム、危険な足つりの見分け方と足がつったときの対処法などが紹介されました。

足がつる、いわゆる「こむら返り」は、成人の約3割が月1回以上経験しているそうで、その「こむら返り」にも危ないものと大丈夫なものがあるということでした。

「こむら返り」は冷えと脱水が関係しているそうで、電解質バランスの乱れが原因なんだそうです。

では、病が潜んでいるかもしれない危険な足つりの見分け方は?

足のつりと喉の渇き、いわゆる「多飲多尿」の場合は「糖尿病」が潜んでいる可能性があるそうです。

就寝中の足のつりとしびれが起きる場合は「閉塞性動脈硬化症」の可能性があり、足のつりとむくみがある人は「腎不全」の怖れもあるそうです。

軽視は危険、簡単に考えずに一度専門医にかかってみるのが安心ですね。


足がつったときの対処法は、つっている収縮した筋肉を伸ばすことが必要なので、パートナーがいるときは、つま先を自分の方に押してもらうのが効果的で、もし1人なら壁に向かって手をつき、つった脚を後ろの方へひき伸ばすようにするのだそうですよ♪

nice!(0) 
共通テーマ:健康

健康カプセル 認知症予防の脳トレに「色カルタ(クオリア・ゲーム)」 [健康カプセル]



今日の「健康カプセル!ゲンキの時間」のテーマは「感動」。

感情を動かすことの効用について、プレゼンターのザ・たっちの2人が取材した。

よく、年をとると涙もろくなるというが、高齢者に対する取材のなかで、涙を流す機会がめっきり少なくなったという。

感情の起伏が少なくなると「認知症」進行の要因にもなるそうです。

感動が脳を動かすので、感動して泣くことは脳のトレーニングになるそうなんです。

そこで感情の豊かさを育てるトレーニングについて東京・北区「さくらの杜」を取材すると、出てきたのが「色カルタ(クオリア・ゲーム)」でした。

「色カルタ」とは、日本パーソナルカラー協会が監修したもので、いろんな色の取り札を「初恋の色はどんな色?」などといったお題のもとに選んで、その理由を説明することでコミュニケーション力と感情の豊かさを育てるというものです。

感情を表現できないと内にこもってしまい、それが認知症の要因となるそうです。

そこで、脳がどのように働いているか、この「色カルタ」を使って遊んでいる時の脳の血流を杏林大学で測定すると、測定では脳の活性化が確認された。

気持ちの動きで脳が活性化され、記憶を強めるなどの働きがあるそうです。

また、もうひとつの感動力のポイントは、他人の体験談を聞くことによって生まれる共感で、感情を共有することでも感動が生まれるということでした。

共感の力を鍛えるトレーニングとして、1枚の写真から人物の会話を想像するという手法が紹介されました。

最後に、身体を使った脳トレとして、メガネの量販店を展開する「ゾフ」の朝礼後の運動が紹介されました。

これは「シナプソロジー」と言うそうで、掛け声に合わせて決まった運動をすることが、脳にとって慣れない運動を行うことで脳が活性化されるそうです。

「シナプソロジー」を受けた社員の方にその実感を取材すると、「脳が活性化され朝から仕事を忘れることがなくなった」という声が…。

また社長さんいわく「社員の雰囲気が目に見えて変わった」そうです(笑)


nice!(0) 
共通テーマ:健康
健康カプセル ブログトップ