So-net無料ブログ作成
だけど食堂 ブログトップ

全国各地のお取り寄せグルメで新年会 だけど食堂 [だけど食堂]



今日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」は、新年会スペシャルということで、サバンナの2人と我が家の3人と共に新年会でした。

そこで企画したのは、全国各地のお取り寄せグルメの中から厳選されたお取り寄せグルメを紹介するというものでした。

先ず紹介されたのは群馬県発の「日本一長~い餃子」。

前橋市にある餃子専門店「餃子工房 RON」の自信作で全長がなんと160cm!!

細長い皮の中に野菜たっぷりの具を包みこんだ餃子で、全て手作業でくるくると巻いて作っている。

by カエレバ


次に紹介されたのは大阪発のお取り寄せグルメ、竹福の「肉鮮蒸し」。

楽天市場主催の「O-1グルメ決定戦」でグランプリを受賞した人気グルメで、3段のせいろにお肉がたっぷり入っているが、せいろで蒸されている為とってもヘルシー。

by カエレバ


続いては香川発のお取り寄せグルメ、こんぴらやの「代打ち麺ロール」。

こちらは、自分好みの太さに麺を切って切りたてのうどんの味が満喫できる。

by カエレバ


次に紹介されたのが石川発のお取り寄せグルメ「器茶漬け」。

見た目は和菓子の最中(もなか)だけど、実はお茶漬けという商品で、最中を砕いてごはんの上に乗せお茶をかけて作ります。

by カエレバ


最後に北海道発のお取り寄せグルメ「牧家のブラックバニラプリン」。

北海道産の牛乳と竹炭を使用した、見た目は衝撃的な真っ黒なプリンですが、その触感はもちもちで、食べれば口の中にバニラの風味が広がる。

by カエレバ

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都・祇園でだけど食堂探し 砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂 [だけど食堂]



今日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」は、京都・祇園で「だけど食堂」を探すでした。

今日のミッション3軒、全てのお店をご紹介しま~す。


八坂神社前に現れた柳原可奈子さんと鈴木砂羽さん。

砂羽さんは涼やかな着物姿でしたが、可奈子さんは甚平姿だった。

ワケを尋ねると「帯がきついと!!」ということでした(笑)

さて第1のミッションは、「京都土産の老舗だけど、カレーも食べられちゃうお店」を探すことだ。

祇園の街でだけど食堂探しする二人ですが、京都を旅するにはこの9月が観光の穴場シーズンだという。

散策しながらだけど食堂探しする一行が目にしたのは「黒豆茶庵 北尾 祇園店」の「ひやしあめ」だった。


甘いものに目がない二人はそこで「ひやしあめ」を頂きました(笑)


続いてやって来たのがお目当てのお店、京都土産の老舗だけどカレーも食べられちゃう黒七味のお店「原了郭」でした。

黒七味とは香り豊かな七味で、最近新たな挑戦として「カレーパウダー」を発売したそうです。

牛ずじや10種類の野菜などを煮込んでとろとろな食感のカレーは、黒七味をかけるとまた違った味わいが味わえるそうだ。


続いて一行が花見小路を歩いていると、リアカーを引きながらおにぎりを販売する「青おにぎり」と遭遇した。

二人は「梅干し」「玄米塩にぎり」を頂いたが、ここでは毎日120個完売するそうだ。

さて、次のミッションは「夜の街・祇園だけどランチで親子丼が大人気のお店」で、祇園を散策した一行は「侘家古暦堂」に到着し、さっそく「石焼親子丼セット」を頂いた。

ここの親子丼は、頂く直前に鶏の白濁スープと醤油をかけるのが特徴だ。

卵を3つ使った濃厚でとろとろフワフワな食感と、石焼で提供するため、おこげが美味しく出来るのが人気だそうです。


【PR】

タグ:だけど食堂
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

だけど食堂 目黒 [だけど食堂]



今日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」は、目黒で「だけど食堂」を探すでした。

今日のミッション3軒、全てのお店をご紹介しま~す。


目黒といえば、毎年恒例の“目黒のさんま祭り”が有名ですが、ホリプロ所属の鈴木砂羽さんは、「目黒と言えば"さんま祭り"と"ホリプロ"で、9月8日が目黒の"さんま祭り"で、15日が目黒の"SUNまつり"だ」って言っていましたね(笑)

さて、1軒目は「もつ鍋屋さんだけどもつが全然見えないお店」を探すです。

地図を頼りに目黒駅の東口へと向かった二人は、「博多もつ処 煌梨 目黒店」の看板をあげた気になるお店を発見した。


しかし、そこが目指す「だけど食堂」で、二人は看板メニューの「煌梨鍋」を味わった。

もつが全然見えないわけは、モツが見えないほどのたっぷりと"とろろ"が掛かっているから…。

この「煌梨鍋」は元々賄い料理だったそうで、豆腐の中には博多名物の明太子がサンドされてました(笑)


2軒目は「都会の真ん中だけど漁師気分が味わえる」という「だけど食堂」を探す。

目黒駅の目の前の通りで、またしても偶然に(笑)「釣船茶屋ざうお」という気になる看板を発見した。


「釣船茶屋ざうお」に入ると、店内には大型の水槽があり、そこで泳いでいる魚を釣ることができ、釣った魚は好きな調理方法で食べることができるお店でした。

お客さん自身で魚を釣ることで漁師の気分が味わえ、しかも通常価格よりもお得に味わうことができるというもの。

砂羽さんがエビで鯛釣りに、可奈ちゃんが伊勢海老釣りに挑戦し、「大伊勢海老マヨネーズ焼き」と「鯛一本活き造り」を味わっちゃいました♪


つぎのミッションは「塩ラーメン専門店だけど裏メニューにフレンチがあるお店」

二人はは目黒駅から少し離れた山手通りへと移動し、ラーメン二郎などが立ち並ぶラーメン街道を歩くと、「塩らーめん あいうえお」を発見する。


紛れもなくここが目指す「だけど食堂」で、二人はオススメの「王道チャーシュー麺」と「冷やし塩らーめん」を味わった。

更に、黒トリュフとカツオだしで炊いたご飯に、スクランブルエッグをオシャレに盛りつけたお目当ての裏メニュー「トリュフのたまごかけご飯」を味わった。

でも、「お店の雰囲気と全然似合わない」と言ってましたよ(笑)

【PR】

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」で紹介された"パンダカレーが人気の食堂"とは [だけど食堂]



今日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」は、神保悟志さんを迎えて上野・アメ横で「だけど食堂」を探すというものでした。

探すのは、上野にある堅そうな人たちが通うんだけど、とっても可愛い"パンダカレーが人気の食堂"だ。

因みに、お堅い人というイメージについて聞かれた神保さんは「エリート官僚」と答えていました(笑)

街行く人に聞き込みをして歩くものの有力な情報がなく、途方にくれそうになったときに台東区役所が目に入った。

台東区役所の地下にある「チカショク さくら」は、一般の人でも利用することができるということで、一行は「チカショク さくら」へと向かった。

そこにあったのは「パンダカレー」だった!!

一同は当然食券を購入しパンダカレーを注文した。

ご飯をパンダの形に整えると、特製のごまペーストで顔を描いてカレーをかければ、可愛いパンダカレーが完成だ♪

【PR】

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」で紹介された"ぱんのみみ"とは [だけど食堂]



「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」は、先週に引き続き箱根探索です。

行き先はというと、知る人ぞ知る「パンの耳しかないんだけどそれが人気のパン料理のお店」である。

鈴木砂羽さんと柳原可奈子さんが大涌谷をスタートしますが、この日はあいにく霧がかかっており、大涌谷の絶景が見られなかったのがちょっと残念でしたね~

二人は定番の「大涌谷黒たまご」を食べ終えると、箱根ロープウェイで早雲山駅へと移動し、さらに箱根登山ケーブルカーに乗り換えて強羅駅へと向かった。

やがて二人は目的地の"ぱんのみみ"へ到着。

そこは小ぢんまりとした喫茶店って感じのお店だった。

そして二人は、"ぱんのみみ"の名物という「ぱんグラタン」を食べることに…。


「ぱんグラタン」とは、食パン1斤の耳の部分だけを残してくり抜き、そこにシーフードグラタンを入れ、たっぷりのチーズを載せて焼いた一品です。

因みにくり抜いた食パンの中身は、ご近所の人が持って帰って食べているとお店の人が話していました(笑)

やっぱり、食べ物は粗末にはできませんものね♪

 箱根限定★黒たまごちゃんふかふ...

 箱根限定★黒たまごちゃんふかふ...
価格:845円(税込、送料別)


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
だけど食堂 ブログトップ