So-net無料ブログ作成
検索選択
満天☆青空レストラン ブログトップ

満天青空レストランで紹介された石垣いちご [満天☆青空レストラン]



4月8日の「満天青空レストラン」で紹介された石垣いちごの情報です。

静岡県静岡市の久能地区では、紅ほっぺや章姫などのブランドいちごを栽培しているんですが、特徴的なのは石垣を利用して育てていることだ。

静岡県の中でも特に温暖な久能地区。そんな気候を活かして作られているのが、もう一つの食材だった“葉しょうが”とこの石垣いちごです。

斜面に積み上げられたコンクリートなどの石垣の、隙間に植えられたいちごは太陽と石垣に蓄えられた熱で甘~くなるそうです。

今日はその石垣いちごがデザートとして登場!!

例の如く宮川大輔さんとゲストの市村正親さんが、「あ、うま~い!」を連発してましたw

この石垣いちご、フレッシュでお取り寄せというわけにはいきませんが、「石垣いちごのコンフィチュール」のお取り寄せは可能ですよ♪





タグ:いちご
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

満天青空レストランで紹介された嵯峨豆腐店 [満天☆青空レストラン]



4月1日の「満天青空レストラン」で紹介された、名人ツナおばあちゃんの嵯峨豆腐店の情報です。

今では、ツナおばあちゃんの後を継いだ孫の嵯峨大介さんが作ってますが、その味はしっかりと受け継がれていると言います。

宮川大輔さんとゲストのオードリー春日が嵯峨豆腐店を訪ね、3色の木綿豆腐( 白・青・紅)を食しました。

作ってくれたのは青大豆で作るお豆腐。青大豆をたっぷりと使うので、豆の風味が強くてお豆腐も緑色をしています。

調味料はいっさい使っていないけれども、濃厚で深みがある味わいが人気の理由だといいますが、二人の表情からもその美味しさがうかがえましたね。

嵯峨豆腐店のホームページはこちら⇒https://saga-tofuten.webu.jp/





タグ:豆腐
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

満天青空レストランで紹介された黒みりん [満天☆青空レストラン]



5月28日の「満天青空レストラン」のゲストはスピードワゴンの小沢一敬さんと井戸田潤さんのお二人でした。

宮川大輔さんと3人で、ちょっと悪ふざけが過ぎるかも(笑)と思われる中で紹介されたのが、甘強酒造で作られている色が真っ黒な黒みりん。原料は醸造アルコールと米麹にもち米の3種類のみで、20年ほど寝かせると黒いみりんになるんだとか…。

ウエルカムドリンクは牛乳と合わせた「黒みりんミルク」。見るからに美味しそうで、アイスミルクラテみたいな感じでしたね。

カレイの煮つけや鶏の照り焼き、コールスローに海鮮炒めなども美味しそうでしたが、何といっても「ひつまぶし」が最高でしたね。

今日はちょっと豪華にうなぎでも食べちゃいますか(笑)


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

満天青空レストランで紹介された生ハム クラテッロ [満天☆青空レストラン]



12月27日の「満天青空レストラン」のゲストはロッチの中岡創一さんとコカドケンタロウさんでした。

本日の舞台は、青空レストラン初の海外でイタリアのパルマ。

こだわりの素材は、チーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」と、最高級の生ハム「クラテッロ」です。

「クラテッロ」とは、最高級の豚のお尻の部分だけを使った生ハムだそうで、面白かったのは仕込みの最後に豚の膀胱で包んだことです。

そのワケは膀胱で包んだことで、生ハムが乾燥するのを防ぐのだそうです。

最高級の生ハム…。

ほんの少しでいいから食べてみたいものです(笑)

by カエレバ

by カエレバ

nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

満天青空レストランで紹介された島根県石見銀山つや姫と最強のご飯の友 [満天☆青空レストラン]



10月4日の「満天青空レストラン」のゲストはハリセンボンの 近藤春菜さんと箕輪はるかさん、そしてこだわりの食材はとびきりうまい米です。

本日の舞台は舞台は石見銀山の町、島根県大田市。そこで紹介されたのが「島根県石見銀山つや姫」でした。

つや姫は山形県が生産し2010年にデビューしたお米ですが、島根県の匠は山形から種を取り寄せて栽培を始め、気候と土地の違いからなのか、山形のつや姫とは味わいの違う米に育ったそうです。

by カエレバ

土鍋で炊いた氷感熟成されたつや姫を食べた3人は、お決まりの「ウマ~~~イ!!」を連発(笑)

お米の研ぎ方のコツは、最初にたっぷりの水を注いで軽くすすいですぐ捨て、その状態で20回ほど軽くかき回した後、お米の旨みを損なわないように軽く2回すすいでから、その後20分間の吸水を行うことだそうです。

そして、炊きあがったら十文字斬りをしてからほぐすこと。

さて、そのままでもいただけるご飯ですが、最強のご飯の友が紹介されました。

先ず1品目は富山名物のイカの黒作り。

by カエレバ

そして2品目は、伊賀牛ロースを白味噌で漬け込んで5日間熟成させた三重県の元祖伊賀牛専門店、金谷の伊賀牛の味噌漬けです。

by カエレバ

つづいて3品目は大阪府の大寅の九条ねぎ天、4品目は宮城県の郷土料理の冷や汁、簡単に作れる冷や汁の素で宮川さんたちは冷や汁を堪能しました。

by カエレバ

nice!(0) 

おかざき農園の完熟トマトを使ったケチャップ 満天青空レストラン [満天☆青空レストラン]



今回の「満天青空レストラン」のゲストは豊田エリーさん、そしてこだわり食材はフルーツトマトでした。

本日の舞台は高知県春野町。宮川大輔さんと豊田さんは地元の岡崎さん一家からフルーツトマトの料理を振る舞ってもらいました。

そこで紹介されたのが「食べるトマトジュース」と「リサケチャップ(トマトケチャップ)」。

「食べるトマトジュース」は、収穫したてのトマトを冷凍し、塩も砂糖も水も加ずにトマトだけで糖度11℃以上に仕上げたものです。

by カエレバ

甘さだけでなくほどよい酸味もあるので、ジュースとして飲むだけでなくいろいろな料理にも使えます。

「リサケチャップ(トマトケチャップ)」は、ブラックとレッドの2種類があり、ブラックは個性の強い完熟ブラックトマトをベースにした風味豊かなスパイシーケチャップで、「ブラックエビチリ」はとても美味しそうでしたね♪


そしてもう一方のレッドは、糖度の高いレッドトマトがベースの爽やかなフレッシュケチャップで、宮川大輔さんいわく、ケチャップとデミグラスソースの間みたいな感じでむちゃくちゃ美味しいとのことでした(笑)

生野菜にかけたり、オムレツやピザ、パスタにもよく合うようですよ♪

by カエレバ

nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

秋の味覚 奈良県五條市の柿づくし 満天青空レストラン [満天☆青空レストラン]



今回の「満天青空レストラン」のゲストはタレントの友近さん。

そしてこだわり食材は「柿」。

奈良県五條市は柿の名産地なんだそうです。



《柿を使ったレシピ》

●「柿のマヨネーズ和え」

●「柿の天ぷら」
わさびを挟み込んで揚げると絶妙な味わいと触感が。

●「柿の奈良漬」
塩漬けにした柿を特製の酒粕に柿が空気に触れないようにして漬けること3ヶ月。 すると、シャリシャリ、シャキシャキとした触感でご飯との相性もバッチリの「柿の奈良漬」が出来上がる。


●「柿酢」
あまり知られていないが柿から酢ができるとのことで、使用するのは渋柿の平柿。
その果汁を昔ながらの静置醸造法で発酵させて作るそうです。
6年もの7年もの8年ものをブレンドしてまろやかでフルーティな柿酢に仕上げるとの事。

【奈良みやげ】いしい 純柿...

【奈良みやげ】いしい 純柿...
価格:2,100円(税込、送料別)


●「肉団子の柿酢あんかけ」
試食した宮川大輔さんは「うま~い!!ホンマまろやか」と絶賛。
柿酢は一度使い出したらクセになるとのことです。

●「柿の葉寿司」

今日の乾杯メニューは「柿の葉寿司」。これからのお歳暮にもぴったりですね。


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

仙台曲りねぎとずんだロール 満天青空レストラン [満天☆青空レストラン]



今回の「満天青空レストラン」のゲストはモデルでタレントの中村アンさん。

そしてこだわり食材は「仙台曲りねぎ」という、根元が曲がっているネギでした。

宮城県仙台市では、ネギの根元が曲がっているのはもはや常識なんだそうです。


仙台の土壌に問題があり、そのままだとねぎが腐ってしまうらしく、ある程度育てたら横にして埋めるという手法がとられたそうです。 ねぎは横にして埋めることで曲がって成長していくんですが、曲げることで粘り気などをより吸収して瑞々しいねぎになるそうです。

《曲がりねぎを使ったレシピ》

●「白髪ねぎ丼」
曲がりねぎを5センチほどの長さに切り、外側の部分は千切りにして白髪ねぎにし、中の部分は細かく輪切りにして丼のご飯の上に乗せる。鰹節を掛けてタマゴの黄身を乗せ、最後に白髪ねぎを散らしてお醤油を掛けると完成。

●「曲がりねぎの肉巻き」
●「曲がりねぎのかき揚げ」
●「曲がりねぎのポタージュ」
●「仙台牛と曲がりねぎのすき焼き」

続いて、ずんだ餅にも使われるずんだ餡を生地に練り込んだ「ずんだロール」も紹介されました。


たかが「ねぎ」、されど「ねぎ」。

ねぎって、大人になってはじめてその美味しさがわかるんですよね(笑)

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋田県の淡雪こまちと全国のお取り寄せご飯の友 満天青空レストラン [満天☆青空レストラン]



今日の「満天青空レストラン」では、秋田県の新しいブランド「淡雪こまち」と、そのご飯によく合うごはんの友が紹介されました。

「淡雪こまち」を作っておられる阿部良太郎さんは、粘土層の上に黒土があるため直播栽培でしっかりと米の根を巡らせるように作っておられていました。

秋田県鹿角産淡雪こまち(減農薬)2...

秋田県鹿角産淡雪こまち(減農薬)2...
価格:2,289円(税込、送料別)


名人の西島豊造さんが教えてくれた「淡雪こまち」の美味しい炊き方は、研ぎすぎないで20回ほど泡だて器のように混ぜて数回すすぐだけ、そして炊き上がったらささっと十字に切り離すことだそうですよ(笑)

「淡雪こまち」のほかにも、「藻塩米」、「こしいぶき」などが今年のイチオシのお米だそうです。


続いてこのご飯に合う食材として全国のお取り寄せができるご飯の友が紹介されました。

まずは、大阪から「はり重」の「コールビーフ」。
「はり重」の公式HP

この店は、あの高視聴率ドラマ「半沢直樹」で黒崎検査官を演じた片岡愛之助さんも利用するほどの名店です。

試食した宮川大輔さんとクリス松村さんは………「うま~~~い!!」(笑)

北海道からは「中田園」の枝豆を使った新商品「枝豆納豆」。
「中田園」の公式HP

福岡からは名店「たつみ寿司」の名物「鯛茶漬」。
「たつみ寿司」の公式HP

秋田からは「ホルモン奈良屋」の「頑固オヤジの煮込みホルモン」。
「ホルモン奈良屋」お取り寄せ

ほんとにどれも美味しそうでしたね~♪

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「満天☆青空レストラン」で紹介された"プチジェリチェリー" [満天☆青空レストラン]



今日の「満天☆青空レストラン」は山形県。

山形県の名物といったら、やっぱり"さくらんぼ"ですよね♪

訪れた宮川大輔さんと友近さんが名人に尋ねると、やっぱり"さくらんぼ"でした(笑)

いつものように、地元の方が作った"さくらんぼ"のメニューを、大輔さんが「うま~~~い!!」と叫びながら堪能していました。

しばらく"さくらんぼ"料理を舌鼓を打ったあとに出てきたのが、"さくらんぼ"のスイーツ"プチジェリチェリー"。

ナポレオンという品種でできており、出てきたのは冷凍状態のものでした。

冷凍状態でも美味しく、解凍しても美味しくいただけるという事でしたが、お奨めなのは半解凍だとのことでした。

でも、毎回のことですが、あの「うま~~~い!!」は、すべて本当なの?(笑)


もっとお得に楽天でお買い物できる賢い方法は?
タグ:さくらんぼ
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
満天☆青空レストラン ブログトップ