So-net無料ブログ作成
検索選択

主治医が見つかる診療所で紹介された丈夫な毛細血管を作る方法 [主治医が見つかる診療所]

スポンサーリンク


ブログランキング

3月6日の「主治医が見つかる診療所」で紹介された毛細血管を外側と内側から元気にする情報です。

昨年の11月7日にもゴースト血管の特集がありましたが、新たな方法を発見されたということで引き続き毛細血管の特集が組まれたようです。
主治医が見つかる診療所で紹介されたゴースト血管の記事へ

毛細血管を外側から元気にするには?

毛細血管は、全身の血管の90%以上を占めており、ゴースト化してしまうとシミやシワ、薄毛、白髪の原因にもなってしまうといわれています。若々しくなるためには、このゴースト血管を防ぐことが必要なんです。

金沢医科大学病院の赤澤純代医師は、毛細血管を元気にする方法は外側からと内側からの2つがあるといい、外側の場合は瘀血(おけつ)と呼ばれる血流が滞っていないかどうかを、まず調べることが必要なのだそうだ。

瘀血の状態かをチェックするには、舌の裏の静脈を見る方法があり、健康な人は静脈がピンクで見えづらいが、静脈が黒く浮き立っている人は瘀血の可能性が大だという。

この瘀血を改善する方法としては静脈マッサージが有効で、血管の流れをしっかり作ることで代謝を上げ、シミ、シワ、たるみなどを改善してくれるという。

具体的には、顔の末端である耳をねじるように挟んで揉むと、頭部全体の血液がしっかり流れるそうです。足は指先を1本ずつ爪の際までもみほぐし、次に足の甲から鼠頸部までなでるようにマッサージ。次に筋肉の中心をほぐすように揉んでいきます。

体の末端から心臓に向かって、下から上へとマッサージする事がポイントです。

毛細血管を内側から元気にするには?

瘀血を改善するためのもう一つの方法が、毛細血管を内側から元気にするというものですが、日本血管生物医学会理事長の高倉伸幸医学博士によると、血管の中のタイツー(Tie2)という物質の働きを活性化させれば、丈夫な毛細血管でいられるといい、さらに赤澤医師によると、タイツーを活性化させる身近な素材がルイボスティーだという。

ルイボスティーとは、ルイボスの葉を茶葉として利用したお茶で、カフェインは含まず多くのミネラルを含み、ポリフェノールも豊富なので体の中から若返りが計れるそうです。

ルイボスティー専門ショップ「ノバテック」は、いま30%offのお試し価格で、しかも500円のクーポン付ですよ♪


≪送料無料≫オーガニックルイボスティーお試しセット





スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

Facebook コメント